平凡アラサー男子のピリ辛ドイツワーホリ生活と海外旅行記

旅行編

負の世界遺産・アウシュヴィッツ強制収容所と歴史教育について感じた事

投稿日:2016年12月15日 更新日:

ポーランドのアウシュヴィッツへ

アウシュヴィッツといえば、ユダヤ人の絶滅収容所があったことで有名な地。
正確に言えば、アウシュヴィッツはドイツ名で、ポーランド語ではオシフェンチウムという地にあります。

DSC01894

アウシュヴィッツには収容所が3か所あり、そのうちの最初に作られたものが「アウシュヴィッツ収容所」、他の2つが「ビルケナウ収容所」と「モノヴィッツ収容所」。
現在はアウシュヴィッツとビルケナウが公開されており、見学することができます。

働けば自由になる

DSC01878

まず入り口に書かれているのが “ ARBEIT MACHT FREI” という、有名なドイツ語。

これは「働けば自由になる」と訳されているようですが、実際には働いても自由になることはありませんでした。

DSC01889DSC01882
収容所は高さ2mほどの柵で囲われています。有刺鉄線に電流を流し、脱走を阻んでいました。
もし仮に柵の外へ逃げることができても、この地はドイツ軍の占領下であり、逃げ切ることは難しかったようです。

DSC01950

また、収容所内も男女で敷地が隔てられています。

これは「下等人種の子孫が増えないように」という考えのもとだったそうです。

ガス室

次はガス室です。
収容所へ送られ、労働力にならないと「選別」されたユダヤ人たちは、収容されることもなく、即刻ガス室行きを命じられました。

DSC01958

天井に開けた穴から毒薬を投下しガスを発生させました。

また、ガス室にはフェイクのシャワーも取り付けられていて、収容者たちはガスが出るその瞬間まで、本当にシャワーを浴びるのだと思っていたようです。

DSC01954

DSC01953

20~30分ほどユダヤ人たちはもがき苦しみ、息絶えたといいます。

これが使用されていたチクロンB。元々は殺虫剤として使われていたもの。空気に触れると有毒なガスが発生します。
ちなみに、これを製造していたメーカーは今でもあるそうです。

DSC01900

死体は隣にある焼却炉ですぐに処分しました。

DSC01956

没収された生活品

DSC01910

金目のもの(金歯、コートなど)はルートがわからないように複雑化したうえで不足している地域に回しました。

持ち物はカバン一つと決められていました。当時10歳くらいだった少年のものもありますが、このカバンが彼の手に戻ることはありませんでした。

DSC01905

人体実験と食事

人体実験の被害者となった子どもたち。
責任者のドクターはペルーへ逃亡し、捕まっていないそうです。

DSC01929

一日の食事量。カビの生えたパンとスープ。

DSC01923

これに1日11時間の労働が課せられれば、当然やせ細っていきます。

DSC01920

DSC01921

ユダヤ人管理

ナチスは一部のユダヤ人に特権を与えて、彼らに他の大多数のユダヤ人を管理させました。こうすることでユダヤ人の間でも反感が芽生え、結束して反乱を起こさないようにしたのです。

DSC01924

写真中央の黒い服の男性が特権を与えられてたユダヤ人です。
右にいるナチス(SS)は何もせずにほくそ笑んでいるだけです。

精神的に負荷がかかる死体の焼却などの仕事もナチスが自ら手を汚すことなく、彼らにやらせました。

死の壁

通称「死の壁」。
主にポーランド人の(ナチスを批判した)政治犯がここで銃殺されました。

DSC01937

ポーランドでは彼らは国のために戦った英雄として扱われており、今でも訪問者によって花がたむけられています。

DSC01938

ビルケナウ収容所

DSC02004

戦争が進行するにつれ収容者の数が増え、アウシュヴィッツだけでは足りなくなったために建設されたのがこのビルケナウ。
規模はアウシュヴィッツの数倍あります。

DSC02001

証拠隠滅のために戦争終了直前に破壊されたガス室。

DSC01983

爆発しただけで放置したこと、またアウシュヴィッツのガス室は破壊しなかったことに、敗北直前のナチスの焦りを感じました。

犠牲者追悼の記念碑。

DSC01978

DSC01976

「この地は絶望の叫び声と人類への警告を常に発している。ここでナチスは約150万人の男性、女性、子供を殺害した。そのほとんどはヨーロッパ各国から連れてこられたユダヤ人であった。」

各国の言語で書かれています。

DSC01977

 

以上です。

個人的には、広島の平和記念資料館(原爆資料館)、ホーチミンのベトナム戦争証跡博物館と並ぶくらいの衝撃を受けました。

ヨーロッパでは、歴史教育の現場として毎日多くの学生が訪れます。
また、ここ10年くらいは訪問者数が毎年過去最高を更新しているようです。理由はいろいろあると思いますが、歴史を見つめなおすことが、現在においても、未来に向けても重要なことはこの事実が示しているようにも感じます。

一緒に行ったドイツ人の友人曰く、ドイツでは国内にある収容所を社会見学として訪れるようです。彼らにとってアウシュヴィッツは、我々日本人にとってよりも、はるかに重要な意味のある場所です。

ガイドの方がおっしゃっていたことで最も印象的だったのは、「何が起こったか」を知るだけでなく、「なぜそれが起こったか」を考えることが最も大切だ、ということ。
たしかに「知る」だけでは教科書やインターネットで見ることとあまり大差はないかもしれません。「なぜ起こったか」は、その前後の歴史の流れや周辺国との関係を知らずには考えられません。
なんでもかんでも教育とつなげてしまうのもどうかと思いますが、これからの世界ではこういった思考力、想像力が大事だと感じました。

————-
ブログランキングに参加してます。
記事が気に入ったら是非クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
————-

PVアクセスランキング にほんブログ村

-旅行編

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ギリシャでAir bnbを使って泊まったら人生最大のピンチを迎えた話(R-18指定)(1/2)

Air bnbとは Air bnb とは簡単に言えばホテルではなく一般の人の家にお金払って泊めてもらうサービスです。 ホテルよりも安く(ドミトリーよりは高いかも)、なおかつホストの方と仲良くなれたり、 …

ここがヘンだよベトナム人!~1人目:靴磨き青年編~

ヘンなベトナム人 1人目:靴磨き青年編 ベトナムを旅したときに遭遇したヘンなベトナム人の話です。 一人目は、ホーチミンの公園で遭遇した靴磨き青年。 市内の公園をゆっくり散歩していたときのことです。 東 …

【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊したい人必見!ドイツ発ヨーロッパ&アフリカおすすめ旅行情報&費用(後編)

おすすめ旅行情報 後編 ドイツを拠点にしたヨーロッパ、北アフリカへの旅行情報について、前回はギリシャ、モロッコ、スペイン、エジプト、スイスについて紹介しました。 【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊 …

ベルギー・ブリュッセル名物小便小僧に実は恋人がいた?!衝撃の小便少女

ブリュッセルの小便小僧に恋人が? ベルギーの首都ブリュッセルといえば、世界3大ガッカリでおなじみの「小便小僧」像があることで知られていますね。これは旅行好きの人なら知っている人も多いと思います。 では …

25カ国を旅した中で最も印象的な体験!モロッコ・サハラ砂漠で満天星空&ラクダツアー

魅惑のモロッコ 「ラクダに乗って砂漠のど真ん中まで行ってテントに泊まってタジン鍋を食べながら満天の星空を見る」という夢のような体験ができる場所を知っていますか? アフリカの北西端に位置する魅惑の国モロ …



Spicy Boy <プロフィール>

平凡な生活を送ってきたアラサー男子のブログ。
脱サラして2016年4月~2017年3月までドイツにワーキングホリデーで滞在。ドイツ人4人とのシェア生活を体験。
凡人の目線からドイツでの生活、ワーホリの準備などについて情報発信します。
趣味は海外旅行。自己満の旅行記や海外での小ネタなども書いていきます。
現在アジア、東西ヨーロッパ、北アフリカを中心に25か国を制覇。


アーカイブ

2017/03/24

オ前ガアテラレテモ俺ガ答エル!語学学校 in ドイツ 驚きの体験レポート

ドイツ語ビギナーの語学学校体験記 日本には英会話スクールがたくさんありますよね。ネイティブまたは日本人講師が英会話を教えてくれるやつです。 語学留学やワーホリの人たちが通うのが現地の語学学校です。 ほ …

2017/03/21

【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊したい人必見!ドイツ発ヨーロッパ&アフリカおすすめ旅行情報&費用(後編)

おすすめ旅行情報 後編 ドイツを拠点にしたヨーロッパ、北アフリカへの旅行情報について、前回はギリシャ、モロッコ、スペイン、エジプト、スイスについて紹介しました。 【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊 …

2017/03/18

【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊したい人必見!ドイツ発ヨーロッパ&アフリカおすすめ旅行情報&費用(前編)

おすすめの国を一挙に紹介 今回は、ドイツを拠点としてヨーロッパ、北アフリカ15か国を旅した僕が、実際にかかった費用と日程、移動手段をまとめてみました。 ドイツ在住の方、もしくはヨーロッパを周遊したいと …

2017/03/13

25カ国を旅した中で最も印象的な体験!モロッコ・サハラ砂漠で満天星空&ラクダツアー

魅惑のモロッコ 「ラクダに乗って砂漠のど真ん中まで行ってテントに泊まってタジン鍋を食べながら満天の星空を見る」という夢のような体験ができる場所を知っていますか? アフリカの北西端に位置する魅惑の国モロ …

2017/03/11

ここがヘンだよベトナム人!~2人目:土産屋のオニイサン編~

ヘンなベトナム人 2人目:土産屋のオニイサン編 ベトナムを旅したときに遭遇したヘンなベトナム人の話です。 1人目~靴磨き青年編~はこちらの記事をどうぞ。 僕の大事なサンダルが大変なことになってしまった …

2017/03/09

ここがヘンだよベトナム人!~1人目:靴磨き青年編~

ヘンなベトナム人 1人目:靴磨き青年編 ベトナムを旅したときに遭遇したヘンなベトナム人の話です。 一人目は、ホーチミンの公園で遭遇した靴磨き青年。 市内の公園をゆっくり散歩していたときのことです。 東 …

2017/03/07

ワーホリの費用ってどれくらい必要?1年間の総収支を大公開!

気になる費用 ワーホリを考えている人にとって、費用がどれくらい必要なのかは一番気になるところですよね。 本記事では、ドイツでのワーホリにかかった費用と、1年間(正確には10か月強)の総収支を項目別に集 …

2017/03/05

行ってよかった?!ワーホリ終了直後に書き綴る率直な感想

ワーホリ終了 先日ドイツから帰国しました。 ブログでの情報発信は続けていきますが、リアルタイムでは日本です。 今日は、1年弱のドイツでのワーホリ生活を終えた直後のホッカホカの想いをHARIBOを食べて …

2017/02/27

夕飯のメニューはイカリング20個!?ドイツでのホームステイ3週間体験記(後編)

ドイツホームステイ体験記 後編 前編に引き続き、ドイツでのホームステイ体験記を紹介します。 前編をまだ読んでいない方は先にコチラを。 夕飯のメニューはイカリング20個!?ドイツでのホームステイ3週間体 …

2017/02/26

夕飯のメニューはイカリング20個!?ドイツでのホームステイ3週間体験記(前編)

ドイツで3週間ホームステイしました ワーホリの期間中にいろいろな経験をしたいと思い、ドイツ生活の最初の3週間はホームステイをすることにしました。 本記事ではその経験を通して感じたこと、びっくりしたこと …