平凡アラサー男子のピリ辛ドイツワーホリ生活と海外旅行記

旅行編

25カ国を旅した中で最も印象的な体験!モロッコ・サハラ砂漠で満天星空&ラクダツアー

投稿日:2017年3月13日 更新日:

魅惑のモロッコ

ラクダに乗って砂漠のど真ん中まで行ってテントに泊まってタジン鍋を食べながら満天の星空を見る」という夢のような体験ができる場所を知っていますか?

アフリカの北西端に位置する魅惑の国モロッコ。
この国の東部に広がるサハラ砂漠でこのツアーに格安で参加することができます。

僕が行ったのはサハラ砂漠の入り口に位置するメルズーガという町。
この町を拠点にサハラ砂漠へのツアーに参加することができます。
メルズーガへは、北部のフェズや南部のマラケシュからバスで行くことができます。

サハラ砂漠へはラクダツアーで

まずはツアーへの申し込みが必要です。
僕はWilderness Lodgeというメルズーガにある宿で企画しているツアーに参加しました。
この宿のオーナーは現地人ですが、簡単な日本語を話すことができるので、言葉に不安がある人でも安心です。
価格も、日本からオプションで申し込んだりマラケシュなどでツアー会社のものを申し込むより格安で参加できるので、ある程度旅慣れている人はFacebookページやメール等で直接宿に連絡してみるとよいでしょう。(繁忙期でなければ現地での申し込みも可能かも。)

ではこの夢のような体験を共有すべく振り返ってみます。

いざメルズーガへ

まずは夜行バスで早朝にメルズーガに着きました。
バスから降り立った瞬間に空を見上げると、まだ真っ暗な夜空に星が無数に輝いています

(砂漠はこれよりすごいのか…)

期待がどんどん膨らみます。

朝5時頃に宿に到着すると、オーナーのオマールが出迎えてくれました。

DSC09057

↑宿の外観。手書きがワイルドですね。

本来はその日の夕方にチェックインするはずでしたが、ベッドが空いているということで使ってもいいと言ってくれました。
おまけにシャワーも好きな時に使ってね、と。
感動的なOMOTENASHIでした。

砂漠の町

早速、荷物を置いて屋上に上がってみました。

DSC09009

砂漠の町って感じですね。
土塗りの建物だらけです。

ミスチルの『365日』のフレーズが頭の中でリフレインします。

♪砂漠の街に住んでいても~君がそこにいさえすれば~きっと渇きなど忘れて…♪

ちょうど朝日が昇る時間だったのでカメラを構えて待ちます。

DSC09029

砂漠の向こう側から太陽が昇ってきました。
今日はラクダに乗って、あの砂漠まで行くのかと思うとテンションが上がってきます。

メルズーガの町を散策

ツアーは夕方スタートなので、ひと眠りした後は町を散策しました。

DSC09047

基本的には宿か土産屋、レストランしかありません。

DSC09049

クソ暑い中、子供たちが遊んでいました。
元気ですね~。
アラサーには暑すぎたのですぐに宿へ戻りました。

ラクダのお出迎え

夕方の17時になると、「ツアーの準備ができた」とオマールが声をかけてくれました。
宿の外に出ると、ラクダが出迎えに来てくれていました。

DSC09125

宿から砂漠まではひたすらラクダに乗って行きます。
砂漠の入り口まで15分ほど。
この間はほぼ平な道のりなので、あまり揺れることなく乗っていられます。

スリル満点ラクダツアー

そして砂漠に到着。
ここからは上ったり下ったりを繰り返すので、気を抜くと落ちそうになります。
上るときは前に体重を、下るときは後ろに体重をかけるようオマールから指示されるのですが、これがまた難しく、しかも写真を撮っていると急にガクンとなったりしてスリル満点でした。

DSC09161

↑一緒に行った2人です。僕は一番後ろでした。オレンジのターバンがオマール。

DSC09169

DSC09189

↑キャラバン隊みたいな。撮りたかった写真です。

ひたすら砂漠の中を進み続けます。
たぶん1時間ほど進み続けたのですが、はしゃぎ続けたのであっという間に着いたように感じました。

砂漠のど真ん中に…

DSC09229

砂漠のど真ん中に、急にテントが現れました。
ここが終着点、オマールたちのテントです。

なんと今日はここに泊まります!!

ワクワクしますね。

DSC09195

ラクダちゃんもお疲れさまでした。
(ちなみに奥に見える黒いものはすべてラクダたちの糞です。)

ここから夜まではフリータイムなので、写真を撮ったりして過ごしました。

DSC09224

 

↓君の名はごっこをしたり

DSC09256

ジャンプしたり

DSC09270

投げたり

DSC09280

打ったり

DSC09289

佇んだり

DSC09312

ひとりで行かなくてよかったと心の底から思いました…。

砂漠に沈む夕日

そうこうしているうちにサンセットの時間になりました。
メインは星空観賞ですが、砂漠に沈む夕日もまた格別です。

DSC09347

ラクダと夕焼け空のコラボも絵になります。

14599777_863191027149045_1807343889_o

満天の星空

そして日が暮れ、夜になります。
ここからがお楽しみの星空観賞タイムです。

視界を遮るものが一切ない、完璧な星空。

そして、完全な静寂。

何もない、無の空間がそこにはありました。

これ以上の場所は地球上にないのではないかと思うくらい。

見上げると、今まで見てきたどんな星空も比にならない、満天の星空が無限に広がっていました。
「星が降ってきそう」という表現がまさに当てはまるような。

写真ではどうやっても伝わらないですが、せっかく撮ったので載せます。
オマールは写真家を目指したこともあるらしく、カメラを最適な状態に設定して撮ってくれました。(ミラーレス一眼にて撮影)

14589621_1251538661571822_86325281293208513_o

これはホワイトバランスの設定で少し明るめに。

DSC09399

真ん中に見えるのが天の川です。
こんなにくっきり見えたのは初めて。
左右の下に見えるほのかな光は遠くの街明かりです。

DSC09411

3人で砂漠に寝転がりながら星を眺めながら語り合いました。
砂漠がひんやりとしていて気持ちよかったのを覚えています。
数分おきに流れ星も見えました。

なんとも贅沢な時間を過ごすことができ、満足感に浸ることができました。

絶品タジン鍋

そしてテントではオマールがタジン鍋を作ってくれていました。
(タジン鍋はモロッコの定番メニューで、野菜と肉をスパイスで味付けして蒸した料理です。)

DSC09400

モロッコではいろんな店でタジン鍋を食べましたが、これが一番おいしかった気がします。

お腹も満たされたところでもう一回星を見に行って、早めに就寝。
テントにはそれなりにちゃんとしたベッドが備わっていて、毛布もあり快適に過ごせました。

夢の終わり

まだ暗い朝5時頃に起こされテントの外へ。
眠い目をこすりながら空を見上げると、まだ満天の星空が。

そこには、昨晩とは違った星座が見えました。

しかも、僕が一番好きなオリオン座も見ることができて、眠気が吹っ飛びました。

ずっと見ていたい気持ちもありましたが、バスの時間もあるので出発。
ラクダに乗り宿へと戻りました。

朝7時頃に宿に戻り、ツアー終了。

本当に夢の中にいたような半日間でした。

そして、そんな体験ができるツアーがなんと2,500円!(2016年10月現在)
しかも宿代はないので、朝着いてベッドとシャワーを使わせてもらって夕方ツアーに出発、夜はタジン鍋を食べ、テントに泊まり、朝宿に戻ってベルベルオムレツを食べるところまで全て込みです。

回しものではありませんが、感謝の気持ちを込めて宣伝しておきます。
本当にオススメの宿です。→Wilderness Lodge

モロッコに行こう!

サハラ砂漠をはじめ、モロッコには見どころがいっぱい。
活気溢れるマラケシュや青の街シャウエンなど、訪れるべきスポットが点在しています。

中でもここで紹介した砂漠ツアーは、僕が今まで25カ国を旅してきた中で最も印象的と言える体験でした。

是非、モロッコ旅行の際にはサハラ砂漠に満天の星空を見に行ってくださいね!

DSC09374

————-
ブログランキングに参加してます。
記事が気に入ったら是非クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
————-
PVアクセスランキング にほんブログ村

-旅行編

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ドイツNo.1の夜景・ケルン大聖堂の魅力

ケルンの定番・大聖堂 ドイツ・ケルンといえば大聖堂で有名な街ですね。 中央駅に隣接している大聖堂は(というより、大聖堂の近くに駅を作ったんですね)、大迫力を誇り街のシンボルになっています。 大きすぎて …

ギリシャでAir bnbを使って泊まったら人生最大のピンチを迎えた話(R-18指定)(1/2)

Air bnbとは Air bnb とは簡単に言えばホテルではなく一般の人の家にお金払って泊めてもらうサービスです。 ホテルよりも安く(ドミトリーよりは高いかも)、なおかつホストの方と仲良くなれたり、 …

世界一美しい図書館?!チェコ・プラハのストラホフ修道院

図書館を観光? 図書館と聞いてみなさんはワクワクしますか?それとも学校や市町村の図書館のように無機質でつまらないだと思いますか?最近日本にもオシャレな図書館が増えつつありますが、欧米では個性的な図書館 …

ここがヘンだよベトナム人!~1人目:靴磨き青年編~

ヘンなベトナム人 1人目:靴磨き青年編 ベトナムを旅したときに遭遇したヘンなベトナム人の話です。 一人目は、ホーチミンの公園で遭遇した靴磨き青年。 市内の公園をゆっくり散歩していたときのことです。 東 …

想像以上のスケール!オランダ・キンデルダイクの風車群

オランダといえば風車 オランダのイメージといえば風車ですよね。 しかしかつては10,000基以上あった風車も今では10分の1にまで減ってしまっているようです。そんな中で19基の風車が稼働している様子を …



Spicy Boy <プロフィール>

平凡な生活を送ってきたアラサー男子のブログ。
脱サラして2016年4月~2017年3月までドイツにワーキングホリデーで滞在。ドイツ人4人とのシェア生活を体験。
凡人の目線からドイツでの生活、ワーホリの準備などについて情報発信します。
趣味は海外旅行。自己満の旅行記や海外での小ネタなども書いていきます。
現在アジア、東西ヨーロッパ、北アフリカを中心に25か国を制覇。


アーカイブ

2017/03/24

オ前ガアテラレテモ俺ガ答エル!語学学校 in ドイツ 驚きの体験レポート

ドイツ語ビギナーの語学学校体験記 日本には英会話スクールがたくさんありますよね。ネイティブまたは日本人講師が英会話を教えてくれるやつです。 語学留学やワーホリの人たちが通うのが現地の語学学校です。 ほ …

2017/03/21

【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊したい人必見!ドイツ発ヨーロッパ&アフリカおすすめ旅行情報&費用(後編)

おすすめ旅行情報 後編 ドイツを拠点にしたヨーロッパ、北アフリカへの旅行情報について、前回はギリシャ、モロッコ、スペイン、エジプト、スイスについて紹介しました。 【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊 …

2017/03/18

【まとめ】ドイツ在住orヨーロッパ周遊したい人必見!ドイツ発ヨーロッパ&アフリカおすすめ旅行情報&費用(前編)

おすすめの国を一挙に紹介 今回は、ドイツを拠点としてヨーロッパ、北アフリカ15か国を旅した僕が、実際にかかった費用と日程、移動手段をまとめてみました。 ドイツ在住の方、もしくはヨーロッパを周遊したいと …

2017/03/13

25カ国を旅した中で最も印象的な体験!モロッコ・サハラ砂漠で満天星空&ラクダツアー

魅惑のモロッコ 「ラクダに乗って砂漠のど真ん中まで行ってテントに泊まってタジン鍋を食べながら満天の星空を見る」という夢のような体験ができる場所を知っていますか? アフリカの北西端に位置する魅惑の国モロ …

2017/03/11

ここがヘンだよベトナム人!~2人目:土産屋のオニイサン編~

ヘンなベトナム人 2人目:土産屋のオニイサン編 ベトナムを旅したときに遭遇したヘンなベトナム人の話です。 1人目~靴磨き青年編~はこちらの記事をどうぞ。 僕の大事なサンダルが大変なことになってしまった …

2017/03/09

ここがヘンだよベトナム人!~1人目:靴磨き青年編~

ヘンなベトナム人 1人目:靴磨き青年編 ベトナムを旅したときに遭遇したヘンなベトナム人の話です。 一人目は、ホーチミンの公園で遭遇した靴磨き青年。 市内の公園をゆっくり散歩していたときのことです。 東 …

2017/03/07

ワーホリの費用ってどれくらい必要?1年間の総収支を大公開!

気になる費用 ワーホリを考えている人にとって、費用がどれくらい必要なのかは一番気になるところですよね。 本記事では、ドイツでのワーホリにかかった費用と、1年間(正確には10か月強)の総収支を項目別に集 …

2017/03/05

行ってよかった?!ワーホリ終了直後に書き綴る率直な感想

ワーホリ終了 先日ドイツから帰国しました。 ブログでの情報発信は続けていきますが、リアルタイムでは日本です。 今日は、1年弱のドイツでのワーホリ生活を終えた直後のホッカホカの想いをHARIBOを食べて …

2017/02/27

夕飯のメニューはイカリング20個!?ドイツでのホームステイ3週間体験記(後編)

ドイツホームステイ体験記 後編 前編に引き続き、ドイツでのホームステイ体験記を紹介します。 前編をまだ読んでいない方は先にコチラを。 夕飯のメニューはイカリング20個!?ドイツでのホームステイ3週間体 …

2017/02/26

夕飯のメニューはイカリング20個!?ドイツでのホームステイ3週間体験記(前編)

ドイツで3週間ホームステイしました ワーホリの期間中にいろいろな経験をしたいと思い、ドイツ生活の最初の3週間はホームステイをすることにしました。 本記事ではその経験を通して感じたこと、びっくりしたこと …